10/21 実学ノート

10/21 実学ノート


経営12か条の最終項目を学ぶ勉強会が10/21に開催されました。

勉強会での気付き、話し足らなかった内容等、一言でも結構ですので、実学ノートに記載し、自身の為、他者の為にお願いいたします。

0 0 votes
Article Rating
報告する

関連記事一覧

Subscribe
Notify of
guest
22 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
木下 恵
木下 恵
2021年10月22日 10:14 AM

(2021.10.21例会)
最高の幸福とは「絶対境地」であり、これが悟りの境地です。
幸福にも不幸にも感謝できる安定した境地になれば、人に不幸はなくなる。
「今起っている試練は天の思し召し、と心を定め努力すること」を勧めるのは田坂広志氏でした。
そして仏教では、そんな仏の境涯になるには、利他業を 行って修行をしているのが菩薩だそうです。
塾長はこれを我々にお勧めくださっており、会社ごと、従業員ごとこういった修行をすることで、会社が立派になっていき、みんなの物心両面の幸福が得られると教えていただいているのです。
これだけで有難いことだと思いました。

今回の一番の学びは、経営者として会社を立派にするために一生懸命仕事をすることが利他業あり、 仏道修行につながっているということです。 
仏道修行といえば宗教になりますが、敢えて言い換えれば「人間性を高める努力」ということでだと思います。
その修行の結果、塾長の言葉をお借りすれば「宇宙の意志と調和する」ことで 全てがうまく回っていく。
私が自らの役割を自覚しそして一生懸命それを全うしようとする努力を怠らないことで自らの人格が高まっていき幸せになれるのだと思います。
この様な仕事の意義をしっかりと捉えて、毎日を過ごして参りたいと思います。
これからも迷いなく、修行を続けていきたいと思います。

最後になりますがコミニケーション論で言いますと、相手に伝わるのは言葉が20%、思いが80%だそうです。
「 まず思うこと」→「本当に思える」
私たちは 例えば恋人同士を演じる俳優のように、 台本で相手役が決まりますと役作りのために相手を好きになろうと、まず思います。
そして役作りが進んでいくにつれ、本当に相手役を好きになってしまう、という話を聞いたことがあります。
共演した俳優さんと女優さんが結婚すると言う話は珍しい話ではありません。
このように従業員を大事に思うお客様を大事に思う自分の仕事を大事に思う会社のビジョンを大事に思うこのように思うことが一それが本当になっていく。
何も自然に大事に思えるようになっていくばかりではないと思います。
自分の心の境涯が低い時はそうは思えないこともあるでしょう。
しかし、俳優の役作りのように、「まず思うこと」が私は大事だと思います。
新しい挑戦をして物事を切り開いていく、 とても不可能だと思えるようなビジョンを実現していくこのように不可能を可能にしていくような大事については特にこのような思いの力を借りねばならない思います。
最初はうわべだけの思いであったとしても、 日々思って努力を続けることで、最終的には自らの潜在意識にまで透徹するような強さになっていくと思いました。
自らの潜在意識の力を借りれば、信じられないような力が出て素晴らしい結果が手に入る。
そこに宇宙の意志と調和し、天の扶けがあれば 理想の実現はさらに現実的になってくるのではないでしょうか。

高瀬雅庸
高瀬雅庸
2021年10月22日 1:46 PM

2021年10月21日実学ノート【高瀬】

「12条 常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で」

 
昨夜の例会はお疲れ様でした。
今回はCグループの一員として企画構成に参画させて頂きました。この12条を紐解くにあたり、条文に関連するキーワードとして「宇宙の意志と調和する心」が浮かび上がった時は、自分がもっとも苦手とする分野であったため、どのように勉強会を進めれば良いのか迷いに迷いました。しかしながら結果として、今まで遠ざけてきた苦手分野について理解を深める絶好の機会となりました。やはり委員会として企画運営する主体となることが、いちばん勉強になります。
 
「宇宙の意志」という精神世界の話になると、すごく抽象的で、形のない、宗教的なものという印象を持ちますが、そもそも稲盛塾長や田坂先生や昨夜の講話に出てきた科学者の方々など、サイエンス領域で生きてきた方々、唯物論者の方々こそが結果としてそのような精神世界の話を肯定し、そこに境地を見出すという傾向にあります。
 
逆に学びの浅い私のような人間は、目に見えるもの、拙い経験則で納得できるもの、これまで培ってきた偏見の塊でしか、ものごとを信じられないようになっていることに気付かされました。物質世界での成功を目指して努力してきたつもりの私が、実は近視眼的で、非常に視野の狭い領域でしか、ものごとを捉えられていない。「精神世界」の話は浮世離れした偶像であるということで、それ以上の思考を停止していることに気付かされました。
 
「すべてのものは、前に向いて進歩発展、勝手に成長するようにできている」
「その宇宙の意志とも言えるものに同調するのです」
 
草木も石ころも全てのものが、この宇宙の意志に同調している。
しかしながら、唯一人間だけは、常識という狭い偏見や思い込みや感情に囚われ、その宇宙の意志を拒み、自らの成長を阻害してしまう・・・。また、他人の足を引っ張り、自分だけが利を得ようとする過度な自愛と利己が不調和をもたらし、宇宙の意志に逆行してしまう。
 
「美しい心、浄められた心を持った時、人は宇宙の意志と同調することができる」
「美しい心を持つことなんて、誰も出来る事ではない。でも、そうありたいと思い、努めるのです。」
「人生を、心を高めるための道場であると捉え、日々努力を重ねること」
 
これからは、小さな世界観ではなく壮大な宇宙のスケールに自分の身を置いてみて、常に明るく前向きに、善きことを想い、善きことを行うことが出来るように、毎日の考え方を改め、自分の器を大きくしていきたいと思います。
 
今回も素晴らしい気付きの機会をありがとうございました。
 
以上。

齋藤 千章
齋藤 千章 (@infoiphonesoudannzyo-com)
2021年10月22日 2:45 PM

あいほん相談所
斎藤 千章
10/21 第12条:常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で
いつも沢山の学びを頂きありがとうございます。

素直な心は人間そのものを伸ばしていくもと。何事も明るく楽観的に前向きにひたむきに努力しなければならない。自分にとって耳の痛い言葉ほど本当は自分を伸ばしてくれるものと受け止める謙虚な姿勢が必要。

『宇宙の意思との調和』に関して今回とても難しく感じました。グループディスカッションで先輩方のご意見を伺いすべてのものを進化発展させる流れがあり、素直な心で一生懸命行っていけばうまくいくものだと学ばせていただきました。利他の心を愛と誠と表現されており、調和を周りの人々がみんな幸せに願う心と表現されていました。

素直な心の内容10ヶ条にて 第6条すべてに学ぶ心
今の私は盛経塾大和に入会させていただき、学ぶ機会をいただきましたので、素直な心で現状にとらわれず、先輩方のお話を聞き、創意工夫し、進歩向上を目指していきたいと思っております。

福岡 英一
福岡 英一
2021年10月22日 3:03 PM

Cチームの皆様、お世話様でした。

今回、素直な心の内容は以下の松下幸之助さんの著作を取り上げたものでした。
したがって、ある意味、松下幸之助さんのフィロソフィに触れたと言えると思いました。

https://www.php.co.jp/pfc/sunao/

「宇宙の意志との調和」は稲盛フィロソフィの中でも一番難解なもののように思っていました。

宇宙は進化している存在なんだ。
ビッグバンからできたということは、
逆にまた爆発して地球は滅亡するかもしれない。

そんなことを考えても仕方がない。
宇宙は進化し続けているのだ。

したがって、自然の摂理に逆らわず、
素直に清く正しく生きておれば、
私たちも進化するのだ。

そう考えることにより、幸せになれる。
そう信じて生きる。
そんな風に思いました。

R3.10.22  福岡英一

村島靖基
村島靖基 (@eexw6aifjk5cr7ziljbn)
2021年10月22日 9:32 PM

2021年10月21日例会

本日の例会での気付き

1、宇宙の意思とは世の中をよくしいこう、進化発展させていこうという力の流れの事
  この流れに「良かれかし」との利他の心、愛の心をもって、努力を重ねる事で
  すばらしい人生を送る事ができるのだ

2.一生懸命に働く事、感謝の心を忘れない事、善き思い、正しい行いに努める事
  素直に反省し、日々の暮らしの中で心を磨き、人格を高め続ける事が大切

3.心を高める事、心を美しくする事が大切だと分かっているがお釈迦様でもない限り
  人は煩悩や欲にまみれてなかななそうはなれないが、「ならなければならない」と
  思って反省する事が大事

  本日の例会では「心を高める」の意味が少しわかったような気がして、とても
   勉強になった例会でした。

谷村佳彦
谷村佳彦 (@4yqhlwtutv16tzmxuthu)
2021年10月23日 7:12 AM

常に明るく前向きに夢と希望を抱いて素直な心で

宇宙の意志との調和

今回この二つのテーマで勉強会に参加ささせてもらってフィロソフィの冒頭に掲げられている意味が少しわかったように思います。

平常心とはよく皆さんご存知のように
心をニュートラルにリラックスしてという意味で使ってますが禅の世界ではへいじょうしんではなくびょうじょうしんとよみます。

意味合いが違ってまして何者にも囚われないで自分の心に素直であれという意味になるそうです。

宇宙そのものが善の世界に引き入れて進化していく中私たちが素直な心でその力に心を委ねる。
日々思いから行動に移す時宇宙の意志に調和してるかチェックすることが魂を磨いて進化していくことにつながるのではないかと改めて感じました。

稲盛経営哲学のフィロソフィの立ち位置の素晴らしさに改めて感心しました。

経営者側からでもなく従業員からでもなく世界観の見方が素晴らしい。
素晴らしい充実した時間になりました。

担当チームの皆様ありがとうございました。

埇田弘之
埇田弘之
2021年10月23日 5:23 PM

実学ノート 2021/10/21例会
 
担当のCグループの皆様、素晴らしい例会をご準備、運営していただきまして誠にありがとうございました。
 
<素直な心の内容10箇条について>
松下幸之助氏の“素直な心の内容10箇条”の存在を恥ずかしながら初めて知りました。事前ワークシート作成にあたり、PHP研究所のHPも参考にさせて頂きました。“内容10箇条”だけでなく、“効用10箇条” “ない場合の弊害10箇条” “養うための実践10箇条”まであることに驚き、すべて熟読したいと思います。ワークでは“寛容”“実相が見える”“道理を知る”“広い愛の心”がまだまだ不足していることを自覚しました。特に“寛容”については、異なる思想、考え方の人に対して寛容になれない、攻撃的な心に支配される、許せない気持ちが湧き上がることがある等、自分の心の分析ができました。是非とも改善につなげていきたいと思います。
 
<宇宙の意志と調和する心について>
懇親会でも述べましたが、フィロソフィの“宇宙の意志と調和する心”の章は、私自身最も自然に入り込めた部分です。この章を最初に読んだとき、“そういうことだったのか”と衝撃的なほど納得した記憶があります。
機関誌90号で塾長は、「合理的で理屈っぽい私は、善いことを思い、善いことをすれば、人生はよい結果の方向へと変わっていくのだということを信じようと思っても、なかなか簡単には信じられなかったのです。そのことをわかろう、理解しよう、信じようとして、必死で悩み、考えていましたとき、ひとつ気づいたことがありました。現代物理学の宇宙生成の理論の話です。この気づきによって、理屈っぽい技術屋である私は因果の法則の存在を心から信じるようになったのです」「すべてのものを愛し、すべてのものを慈しみ、すべてのものによかれかしと思うような“善い想念”を我々が抱いたとき、その想念は宇宙の波長と合います。人生が好転していくのは、宇宙の波長、宇宙の想念、宇宙の意志に合うからなのだと思って、私はうなずいたのです。理工系出身なだけに、理屈っぽい私です。科学的に考えて合理的でなければならないと思っている私でも、“これならば”と理解ができました」と述べられています。
さらに「魂を磨いていくには、一生懸命に働くということが必要なのです。一生懸命に働くことが魂を磨くために一番役立つことなのだと、私は自身の経験から思っています」とも述べられています。
今回のテーマにおける私自身の答えは「人格を高め、愛に満ちた心、利他の心で、誰にも負けない努力で一生懸命に働き、生きた時、すべてのものを慈しみ、育て、よい方向へよい方向へと進めていくような気、つまり宇宙の意志と調和するのである。そして、宇宙の意志と調和することで、宇宙と繋がり、遠大なる宇宙の力、智慧を得ることができ、自然の力、他力の風を受けることができるのである」と理解しました。
 
今回も本当に有意義な学びを頂きました。ありがとうございました。

仲本博昭
仲本博昭 (@36l1amcndo0yxvur6zu1)
2021年10月24日 5:25 PM

2021年10月21日 木曜例会 実学ノート
第12条:常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

担当委員会のみなさま、素晴らしい企画運営を誠にありがとうございました。

1.素直な心になるために
 素直になる、素直な心を持つということが、私の課題だと思っています。特に『誰に対しても』というところが一番の課題です。自分の中に観念を抱いてしまい、素直になれる人、そうなれない人をつくってしまっています。しかし、最近では少しずつ改善できていると思っていますが、目指すところにはまだまだです。

 また、今後目指すところは、『第10条の広い愛の心』です。これを伸ばし、世のため人のために尽くし、我が人生を全うしてまいります。

2。『宇宙の医師と調和する』
 宇宙には、一瞬たりとも停滞することなく物事を進化発展する方向へ進めていこうとする流れがあり、これが『宇宙の意志』というべきものです。この『宇宙の意志』は愛と誠と調和に満ち満ちていて、私たちの思いが発するエネルギーと『宇宙の意志』とが同調するのか、反発しあうのかによって、その人の運命が決まってくる。宇宙の流れと同調し、調和をするようなきれいな心で描く美しい思いを持つことによって、運命も明るくひらけていくのです。

 『宇宙の意志』と調和するためには、善きことを思い、善きことを行うことによって、心を高め、魂を磨き、美しい心にし、人間としての『器』を大きくすることが必要になってきます。さらに自分の会社を立派にするために、だれにも負けない努力を続け、愛の満ちた心を持とうと強く思い、日々反省を繰り返し努力を重ねていけば、宇宙の流れと同調し、会社は成長発展していき、人生も好転していくのです。

 今まで、このフィロソフィ『宇宙の意志と調和する心』を『クーバルフィロソフィ』に入れることができなかったのですが、今回の学びによって従業員に伝える自信が湧いてきました。

 今回、ブレイクアウトセッションでディスカッションしていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

辻
 (@mtsuji1221icloud-com)
2021年10月25日 10:49 AM

自グループ企画の今回の勉強会でありましたが、もしかしたら一番学びになったのが私自身かもしれないなと感じながら勉強会を終えることができました。

宇宙の意思といいますか、万物は生まれながらにして成長発展するように出来ており、その成長を促進させるのも停滞させ後退させるのも自己の意思が大きく関わっており、どんな課題が出てきたとしても、三毒やネガティブな思考で成長を止めるのではなく、常に明るく前向きに夢と希望を抱いて「素直な心で」向き合っていくことこそが成長への促進剤なのかなと。

成長とは、何も大きくなることだけではなく、より内容が良くなることも成長であるようにも思います。

そのようなそれぞれの目指すべき固有の成長を盛経塾大和の仲間と一緒に遂げたいなと思いました。

みなさん、ありがとうございました。

中原 稔
中原 稔
2021年10月25日 9:44 PM

常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

色々経験しないと、ここにはたどり着けないと思います。
甘いも辛いも酸っぱいも色々しっているから、たどり着く考えかな。

今自分は素直に生きてます。

冨士 浩祐
冨士 浩祐
2021年10月27日 1:59 PM

2021/10/21 至誠堂製薬㈱ 冨士浩祐
『常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で』
辛いときや苦しいときほど前向きに夢に向かう努力が大切だと感じました。
また、素直な気持ちで取り組めているのか自分自身、見直さなければいけないと改めて気付きを得ました。
「宇宙の意志との調和」に関して、ありとあらゆる生命は自然の摂理に順応しなければ淘汰されるため、企業も同様なのかなと自分なりに解釈致しました。

以上。

西田康弘
西田康弘 (@rtjymz3jz8g0mj1sizzo)
2021年10月27日 6:14 PM

宇宙の意思とは良き心がけと行動の摂理なり。

柳 洋三
柳 洋三 (@yanagi-yoecologic-co-jp)
2021年10月28日 5:35 PM

実学ノート   10/21

「常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で」
素直な心、宇宙の意志、調和する、今一つ理解できないまま例会に参加していましたが、同グループの皆さんのご意見や、辻さん、菊田さんの解説から自分なりに納得できる解釈にたどり着きました。
塾長の心を高めたいと何よりそう思う事が大切だというお言葉に救われたような気がします。
まだまだ浅い気づきですが、現状の至らぬ自分をしっかりと受け入れ、今は成長の途中であり前向きな姿勢で常に努力を続けること、ではないかと思います。
宇宙の意志とは、終わりのない進化発展→成長に限界はない、と解釈しました。
今後の仕事に取り組む上での意識を変えていけそうです。

Cグループの皆様、素晴らし例会をありがとうございました。

鷹影佳史
鷹影佳史 (@ewxet87ox27p3quiib49)
2021年10月30日 5:45 PM

常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

今回も沢山の学びをありがとうございました。
経営者としても1人の人間として、常に明るくというのは本当に大切な事であり、周りの人達にとっても良い影響を与える事が出来ると思っております。ただ、常に明るくが出来るのか?やはり良い時は明るく出来ても、色々な事が上手く行かない時に明るく出来るのか?やはり、まだまだ自分は出来ていない事が多々あると思います。塾長の言葉で明るく前向きに努力すれば宇宙の意思と調和し必ずや報われるということ。この宇宙の意思という言葉は自分自身の中でとても理解出来るというか、しっくりくる言葉なんです。
私の中での宇宙の意思とは良き事をしていれば必ずや宇宙(神)は助けてくれて良き方向に導き、悪い事をしていれば
必ずや悪い方向に進んでいくという事です。
だからこそ、良きことを想い良きことを行う。
そして、素直な心で努力して行き、謙虚な気持ちで日々学び成長して生きたいと思います。
今回の例会担当のCグループの皆様ありがとうございました。

田村公宏
田村公宏 (@nnm6bjqwtpm6a1uzzysz)
2021年10月31日 11:31 AM

テーマ「12条 常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で」

経営者は常に「明るく」「前向き」でなければならないこと。
塾長は“そうでなければ、長く経営を続けることはできない”と仰られています。
高い目標を掲げて、強い意志で誰にも負けない努力をつづけていくためには
必須条件であることを再認識させていただきました。

また、どんな逆境にあろうとも自分の人生をポジティブに捉えること、
そして、善いことを思い善いことをおこなうことは
宇宙の意思、原理原則に適うことを忘れずに胸に刻んでおきたいと思います。

米田 稔
米田 稔 (@89zwf1gjwuods3ar30t7)
2021年11月1日 11:18 AM

12条の最終章を事前ワークとグループワークで学び合いました。12条と京セラフィロソフィの宇宙との調和を関連付けて学ぶことで、心の開放がもたらす、現実世界とのリンクを学ぶことができました。セッションで話を聞くことで具体的にまたその事象や考え方の解釈を新たにすることができました。塾生と学び合うことの重要さを感じます。そして教えを頂いている塾長に恩返しができるよう、会社内の朝礼や学びの機会にも活用させていただきます。

脇本真之介
脇本真之介 (@azjlst3utfpqljwumkvu)
2021年11月1日 12:18 PM

運営いただいたグループの皆様、ありがとうございました。
終了間際に参加しましたが、懇親会では最後まで学びのあるお話をさせていただき感謝申し上げます。今回のテーマは、常に明るく前向きに夢と希望を抱いて素直な心で、宇宙の意志との調和の二つでした。私自身、懇親会でもお話をさせたいただいたのですが、宇宙の意思との調和というものが、正直なところ全く理解が出来ておりません。そもそもがサイエンスの世界で生きているので、宇宙というもの自体が存在し、ブラックホールやビッグバン、粒子の世界、そういったものに関しては理解できるのですが、宇宙というものに意思などあるのだろうか?と冷静に考えてしまい、塾長のおっしゃることがまだ理解できません。これはきっと修行が足りず、人間的な器や経験が不足しているからこその考え方なのだと自分自身でも理解しています。人間的な器や領域が何段も上がったときに、真に理解できる時が訪れるのであろう、そう考えています。善の世界というものは、人の心の中に存在するものであり、宇宙に意思がある、ということすら理解できていないので、いつか理解できるように今後も学んでいきたいと思います。素直な心に関しては、松下幸之助扇の話も大好きなので、以前から知っておりました。いつまでも素直な心を持って、人としても経営者としても活きていかねばならないな、と改めて学んだ次第です。素晴らしい例会を開催いただきましたことを担当チームの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

蔦田照代
蔦田照代 (@e76hvhwhyzfewfqfh7uw)
2021年11月2日 3:33 PM

『宇宙の意思との調和』
宇宙は常に進化発展し続けている。
そして自分の意志ではコントロールできない力が存在している。

スピリチュアルだと世間では言われて、好き嫌いはあるとは思いますが、
その考え方は以前より持ち合わせていましので、
今回の学びは、すっと心に入ってきました。

そして自然の摂理を知り、宇宙の法則を知り、
「見えない力」を借りることも経営者のスキルとして必要だと思いました。
そのために、常に美しい心で、常に精進し続けることが、
一番のトレーニングだということです。

私の周りの優れた経営者さんたちは、
見えない力を使っている方も多くいらっしゃるので、
とても納得がいきました。

そして、今回はファシリテーターも経験させていただき、
コンサルタントとしてもとても学ませていただきました。

宮畑和広
宮畑和広
2021年11月2日 8:54 PM

2021.10.21実学ノート

宮畑和広

今回は急な欠席、申し訳ありませんでした。

準備をして頂いた委員会の方には深く感謝申し上げます。

●素直な心
自分にとって耳の痛い事でも必ず謙虚に受け止めて反省し改善に努めたいとあらためて思いました。
私は40代中頃ぐらいから立場が大きく変わっていき、年齢も増して来るにつれ、やはり耳の痛い事を聞くと怒りが先行してしまう事が多かったと思います。
特に過剰反応して自分を正当化する強引な言い訳や指摘した人物に逆にキレて追い詰めたりする言動を多くした記憶があります。
しかし盛和塾で学ぶ内、従来の任務もこなしつつ、今まで避けていた慣れない仕事にも一生懸命取り組もうと思うようになってきました。
しかし歳をとってからの慣れない仕事はミスの連続で社員たちからかげでバカにされる事が多かったと思います。
悔しい思いはたくさんしましたが逆にこの歳からでも慣れない分野の仕事にも必死で取り組む私の姿はまわりの人たちにとっても良い影響を与えるかも知れないと思いました。
そして数年が経ち何かと結果も出て来ました。
本当にしんどかったけど、傍目には痛々しくも見えた時もあったと思いますがこれで良かったと今、思います。
やはりこの素直な心、勇気は要りますが自分を騙さず辻褄が合うまで謙虚に取り組む事は清らかな心に近づく為の身近なところにあるヒントだと感じました。

矢追 拓也
矢追 拓也 (@hxfjck7hw7ftsv3rmuky)
2021年11月5日 7:39 PM

2021.10.21 Zoom例会

実学ノート

矢追拓也

 

 今回の例会は参加することが出来ませんでしたので、動画を視聴させていただきました。
「常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で」
前向きでひたむきな努力は、長いスパンで見れば必ず報われる。善きことを思い善きことに努める人々の運命は必ず開けていく。このことが「宇宙の意思と調和する」と表現されている。
松下幸之助さんの「素直な心になるために」という素直な心の有様について、さまざまな角度から紹介されており、とても勉強になりました。
 
「宇宙の意思と調和する」
全ての物を進化発展させていく「宇宙の意思」何十億年という時間を費やし、宇宙や地球は成長発展しています。宇宙の意思は愛と誠と調和に満ち溢れているため、私利私欲・悪口・などを吐き出していると、成長発展しなくなる。気高い心・清らかなこころ、利他の心でまじめに努力することによって、たまたま今しんどい事が起こったとしても、長い目で見れば報われる、宇宙の意思と調和すると信じて進んでいきます。
また、皆様の実学ノートを拝見させていただく事で、とても学びになります。
もう少し早めに提出するよう努力します
いつもギリギリで申し訳ございません。

久保貴啓
久保貴啓 (@wzs1vyadkljom74ffc4n)
2021年11月5日 10:43 PM

10月21日 実学ノート
株式会社サキカワ 久保貴啓

常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

宇宙の意志と調和する
難しくずっと考えてきましたが、改めて学んでみると気づいたのは、難しく頭で理解しようとしていたのかなと思いました。宇宙の科学的なことを理解しようとするよりも、まじめに一生懸命、人間として何が正しいのか?を追求していくことが本質であり、そのことをひたすら行なっていけば、悪い方向に行くはずがないのだと…また、そのことを素直に受け止め思い込むことで更に他力を得られ前に進んでいくのだと理解しました。
難しく受け止め、理屈で考えることで前に進めなくなるように、あまり深く考えず、人として…を極めることが大切なのだと思いました。
そして、これが京セラフィロソフィの初めにあるのも、素直にまっすぐ行うことでこの後のフィロソフィは活きてくるのだと言われてるのかな?と想像しました。

素直な心 10箇条はとても自分と向き合えることができ、勉強になりました。
やはり、長年の私にとっての課題である寛容さというものを、クリアしないと大きな自分にはなれないのだと再確認できました。意識して出来ることと、自然体でいざという時に寛容であることはまったく違います。
いつか、いつかとずっと思ってきたことです。もっと意識して有意注意で自信を高めなければ掴めずに終わりそうな気がしました。頑張って寛容さを手に入れたいと思います。
この一年12か条をひとつひとつ学ぶ中でとても進歩できたように思います。
今回も素敵な例会をありがとうございます。
Cグループの皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

酒井宏和
酒井宏和
2021年11月6日 9:08 PM

2021年10月21日開催
自主例会
実学ノート
「12条 常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で」
 欲望を押さえるためには足るを知ることが大切です。素直な心とは、ねじれた心、斜に構えたでなく、進歩の親でもあります。中学までしか卒業されていない松下幸之助さんがよく言われていましたが、少しでも傲慢な心がないように素直に心が学ぶことが大切です。
 フィロソフィの中でも大切な条項ですが、能力のある人には衆知が集まらないことが多くなりがちです。人生や仕事を成功させるために、謙ったりとかではなく、これで良いのか、至らないことはないのかと手を打ち続けていくことです。明るく前向きに努力すれば、常に明るく前向きに宇宙の石と調和する心が養われます。この世は偶然の産物ではなく全てのものを進化させる、宇宙の意志と反発することなく心は美しく清らかであるべきです。太陽系は何億とある超高温の一握りの素粒子の塊です。宇宙は空から生まれました。色即是空とは、元々は空であるという意味です。水素原子は、陽子と中性子、中間子が間に入っても素粒子が複数くっついたもので、それ自体、当然のごとく進化する方向に向かっています。これが宇宙の意志です。この世界には慈悲の心、愛が充満しているのです。数学者の広中平祐氏や佐藤名誉教授も言われているように全てのものを愛し、よくして上げたい、それに同調する心を持っていなければならないというのが素直な心であるということです。
 心を高めるとは、美しい心、宇宙の心に耳を傾け、森羅万象である宇宙の意志のおかげで一瞬たりとも休まず進化してきたことを学ぶことです。自分の仕事を自分の会社を立派にするために自分で自分を助けるために誰にも負けない努力をすることで、他人を負かすわけではありません。自分の力に余裕があれば、一生懸命働くことができます。心を美しく高めることが出来ると思うのでなく、心を高めたいという気持ちが大事でそれが反省と努力を生みます。美しい心を持った時点で悟っているのです。我々凡人はその道を努力し修行をしているので、大勢に話すことが心を清めていると、あなたはどうなんですかという振り返りが出て来ます。企業経営は経営者の器以上には大きくならないし、器とは人格であり心のままです。万物全てが持ち合わせていて、成長していこうとする意志です。草木や動物、髪の毛も無意識に伸びていきます。
 人間だけが自分の意志で成長を止めてしまうことができ、反対に自分の意志で成長を促進させることも出来ます。明るく前向きにすることは、真っ直ぐ育つように手入れをすることであり、それを続ければ新潟の雪深き米のように春には立派な米になるのです。

22
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x